ストップモーション撮影において天敵のフリッカー(画面のチ ラつき)を抑える方法

   

※フリッカー(映像用語)とは、光の明滅により映像がチカチカする現象ないしテクニック(※演出としてあえてチカチカさせる場合もある)を指す。

様々なフリッカー発生の原因

画面のブレ
原因:三脚をガチガチに固定。
対策:ネジ、床に固定、移動、オモリ、この三脚でいいのか
原因:床の揺れ。
対策:揺れる床は付加。撮影場所の移動。
原因:三脚やカメラに不用意に触れる。
対策:撮影台の周りの空間を十分にとる。ケーブルの長さ、テープで固定。「段取」をタイムシートに書き込む、スケジュール管理。
原因:風。
対策:ドアー、扉の開閉。エアコンのコントロール(停止)
原因:太陽光
対策:遮光シート
原因:電圧の変化
対策:変圧器、電圧安定器、バッテリーを使う
原因:人間レフ板が歩く
対策:撮影現場の服装、黒。
原因:影(照明の影、画面映りこみの影)
対策:無理のない体勢の撮影台の作業位置、シャッター位置
原因:インバーター蛍光灯でない蛍光灯
対策:消す

チェックチャート
□ 撮影モードをマニュアルに変更
□ ホワイトバランスもマニュアルで設定
□ ISOの設定、色調補正など、固定設定。
□ 撮影時の服装。黒。
□ シヤツタースビード(15分の1秒~8分の1秒)

 - クレイアニメーションの制作過程, コマドリアン・チアン